梅雨時期の寝室の、カビ予防や除湿について

皆さん、ジメジメとした梅雨の時期がやって来ます。

特に「寝室」は、湿気が溜まりやすく、「カビ」が発生しやすくなり、そのまま掃除をしないで放置すると住まいにも人にも悪影響を及ぼします。
眠る時には寝室のドアを閉めると、目に見えないカビが繁殖して汚染された空気を吸い込んでしまいます。
カビ予防や除湿のためには、寝室の窓を開けて、すぐに換気をすることをお薦めします。

晴れている日には、「布団を干して、十分に乾燥をさせたほうが良い」と言われています。睡眠中にかいた汗の多くが、布団などの寝具に吸収されているために、布団の乾燥が不十分であると、残っている汗の水分や主成分が湿気やカビ・ダニの発生の原因になっていってしまいます。
 
布団は毎日の就寝に欠かすことの出来ない寝具です。こまめに干すことで清潔に保つことができます。カビやダニが発生すると、ご自身の健康を害す可能性もあるので、晴れた日に干すことで、寝具の除湿をすることができます。