デザートを食べたり震度層について勉強した

午前中から起きていました。きちんと食欲がありませんでしたが、チョコレートの軽食が残っていて、溶けたらいけないので食べてしまおうと思って食べました。ちょこっと食べただけでも、腹一杯になりました。震度などについて稽古しました。震度5オーバーは、非常な恐怖を感じます。多くの人が動きに迷惑を感じます。屋内の状況は、棚に居残る食器類などの多くが落ち、ウォークインクローゼットなどの根深い家具が倒れることがあります。偏りで扉が開かなくなることがあります。震度6程度は、立って掛かることが困難になります。屋内の状況は、確立していない重たい家具の多くが間隔、転倒する。開かなくなる扉が多いです。震度6オーバーは立って要ることができず、はわないと動くことができません。屋内の状況は、確立していないきつい家具のほとんどが間隔、転倒する。戸がはずれて飛ぶことがあります。震度7は、自分の感情で動きできません。屋内の状況は、ほとんどの家具がものすごく間隔し飛ぶ物もあります。勉強になりました。すっぽん小町 解約